ニキビのケア方法。

ニキビといっても思春期のニキビと大人ニキビがあります。思春期のニキビは治り易いですが、大人ニキビはそうはいきません。そもそも大人ニキビはホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因でなることが多いと言われています。あとシャンプーやリンス、ボディーソープなどしっかり洗い流したつもりでも、取れていない場合があります。すこしでもぬるぬる感を感じたら、しっかりと洗い流しましょう。そうしないと首ニキビや背中ニキビができやすくなってしまいます。顔は乾燥が原因でニキビができることが少なくはありません。まずはご自分の肌質を知りましょう。それを知ることによって対処の仕方が変わってきます。黒ニキビや赤ニキビ、黄ニキビなどは悪くすると、市販の塗り薬では効かないことがあります。そういう時は迷わず、皮膚科に行ってみてもらうようにしましょう。
<肌別の洗顔法>
*普通肌:普通肌の方は皮脂量と水分量のバランスはとれていますが、季節によって変わり易いので洗顔をするときは良く泡立ててTゾーンは丁寧に他は擦らないように洗いましょう。特にニキビは擦らないように気をつけましょう。
*脂性肌:脂性肌は皮脂量も水分量も多いのでニキビができ易い状態なのでダブル洗顔を心がけましょう。
*混合肌:混合肌はTゾーンはべたつくのにUゾーンは乾燥するタイプです。洗顔の仕方は基本的に普通肌の方と変わりませんが、ニキビは擦らないようにしましょう、そうしないと炎症を起こす場合があります。
*乾燥肌:乾燥肌の方は皮脂量も水分量もすくないためにニキビができやすくなります。ですから洗顔もできるだけ短い時間で済ませた方がいいでしょう。保湿も忘れずにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です