ニキビが治って小顔になれるようにマッサージしています

私の家系は両親とも祖父はハゲていて顔の大きさも昭和時代にふさわしいぐらいで、小顔の家系とはいえません。妻の実家にも行ったことがありますが、小さいとはいえずそれなりの大きさでした。
学生時代は自分としては小顔とはいえませんが普通サイズと思っていて友達とそれほど変わらないと思っていました。高校の時にとてもきれいな女性がいましたが、おにぎりかと思えるほど顔の大きさが人と違っていました。この時に初めて小顔とはこういうサイズをいうのかと認識しました。
会社に入っても1人だけ男性ですが小顔の人がいて、飲み会にいくと女性から顔が小さいと人気があり、話しかけられていたのを見てうらやましく思いました。
娘が生まれたときに顔の大きさに驚きましたが、赤ちゃんはこれぐらいだと教えてもらって少し安心しました。妻は多少太り気味で、顔の大きさも決して小さくないので、娘の顔が妻に似ていたので将来は大きくなるのかなと少し心配になっていました。
学生の頃はそれほど大きくはないのですが友達の間では小顔のブームがあり、特に好きな芸能人の顔の大きさがきになるのか彼女たちもそうなりたいと思う乙女心があるようで、雑誌をみては小顔グッズを買いたいと娘にせがまれています。
ローラーも何個か購入しましたが、最初はテレビを見ながらしていたり、お風呂に長時間入ってローラーでごしごししているようでしたが多少変化があるような気がしましたが、もともと大きくもないので黙ってみていました。今でも暇があればしているので小顔に対する想いは強いみたいです。
友達とプリクラを撮るときもみんな後ろの方にいきたがるので、大変だといっていました。最近は画像で編集できるみたいでたまにプリクラの写真をみせてもらいますが、小顔や眼の大きさなど編集しすぎていて素顔の本人とは想像できないぐらいになっていました。
母親は年とともに顔もおおきくなり、金太郎とよぶと怒ります。娘は母親と一緒に写真をとると小顔に見えるので喜んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です